財団法人 下川町ふるさと開発振興公社 クラスター推進部





<
クラスター推進部設立の経過と目的
クラスター推進部設立の経過と目的
■設立の経過と目的
 クラスター推進部は、平成10年度から活動してきた下川産業クラスター研究会の4年間の活動を受け、下川町の産業クラスターの新たな展開や新たな産業の創造等を目指しています。
 下川産業クラスター研究会は、自主・自律に向けた足腰の強い産業構造を構築するため、新たな産業づくりと地域産業の発展方向等の検討・研究を行い地域の振興を図ることを目的として、平成10年4月21日道内で3番目のクラスター研究会として設立されました。
 研究会では、様々なプロジェクトを立ち上げて研究会活動を行い、事業化を果たす前段階の役割を担い、多くの成果を挙げてきましたが、研究活動から出されたプロジェクトを発展させ事業化に踏み出す段階では、支援・コーディネート等を実施するより専門的な組織が必要であるとの論議がなされました。
 そこで、事業化につながるアイデア発掘から研究開発、地域産品の開発支援と販売促進、地域活性化に関する調査・研究など総合的な支援と事業を行い地域産業の振興を目的に、平成14年4月に財団法人下川町ふるさと開発振興公社内に「クラスター推進部」が設置されました。

■クラスターとは
 「クラスター」とはブドウなどの「房」や魚などの「群」という意味の言葉です。そこから転じて、ブドウ1個の実から大きな房に、魚1匹から大群にというように広がる段階構成パターンという意味で用いています。
 そして下川で取り組まれている「産業クラスター」は、競争力のある産業を核に資源、人材、技術、資金などを連関させ、そこからビジネスの芽を見出し産業振興や地域振興を図ることを目指しています。
 近年では、森林・林業を核とした産業クラスター形成から農業や商工業とも連携し、地域全体での産業クラスター創造への取り組みへとその活動は着実に広がりをみせており、これまでの内発的な取り組みを継承・発展させ、地域資源の活用による新産業創出を図り、持続可能な地域社会の構築を目指し、産業クラスターの取り組みを推進しています。



リンク集 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ

Copyright(C)2005 SHIMOKAWA CLUSTER All Rights Reserved